エレメンタルジェレイド

「戦慄の煌珠狩者」感想
やっぱりこの作品(コミック・アニメ共に)を見てて思うのは「設定が甘い」ってことかなぁ?
エディルレイドっていう存在を世界観に定着させきれてない感じがあるんだよなぁー。簡単に言うと「浮いてる」
どっかできっと詰めが甘いんだと思う。

あと色彩というか色合いというか、色のバランスが偏ってる。緑はそうそう多用するもんじゃないんだが、どうにもこの作者は好きらしいね、緑系の色が。あるいは紫とかもか

つまんない、とかムカツク、とかじゃあないんだけど。レベルがどうしても低く見えちゃうんだなー、惜しいところ。
設定ていうか前提としてはなかなかいいんですよ、この作品。


さて本編
割とエディルレイドハンターの話は割愛されてましたね。あれけっこう長かったと思うんだがなぁー、、、、、、ガードはオートだから云々とかあったのに、、、、、、

エレなんとかの中の人は真田アサミさんでしたね、、、、ああいう役は似合わない気がする。だって顔がランファっぽいんだものw
演技力はあるんですけどね、だからキャラの性格や話における位置と中の人の声とそのイメージがどうにも合わなかった気がしたんです、ワタシ的には。


あんまり好きじゃないアにアニメになるとボロクソ言うなぁ、、、、、、俺。