スクールランブル 二学期

第06話感想
2-Cの演劇編。やっぱ沢近と八雲の戦いのシーンは見ものよねー。杖で防御できてる八雲がすごいっすわ
で、沢近があそこで引いちゃったりしてねー、色々と恋模様というかなんというか、面白い様相を呈してる。
つか、スクランっていまさらながらに思うんだけど、全部片思いなのなー。優しくはするけど、特殊な感情は全然持ってないっていう、そういう雰囲気も出てるし。でもでも、どっかなんか思ってるんじゃなかろうかとか勘繰れるシーンもあるから、グッとくるのよねー。

八雲が播磨を応援してるっていうそれらのくだりもちょっと「お?」って思っちゃう感じ。花井とミコちんとかもそんなんよねー?

ってか、一条かれん出番少ないヨッ!!!!毎度毎度一言二言で終わっちゃってるから、ちこっと悲しい。ドジビロンの話ってもうやったっけ? むむむぅ

文化祭編が終わっちゃうとあとは目立った話は覚えてないですな。こっからは原作未読かもしれんので、けっこう楽しめるやも