メカビ

ついに今日届きましたよ。「メカビ
アマゾンで遅めに注文したので届くのも遅かったのですが、届いてしまえばもぅどうでもいいですw
まず開けてみての第一声が「分厚っ!!」でしたw いや、ほんと厚い。で、濃い。これは1800円ぐらいでも売れるんじゃないかと思ったくらい。

でもって、まずどこを読もうかと思ったかというと当然、イレギュラーエレクトロンのhidakaさんが書いた部分でございますが。これがなかなか見つけられなくて困ってしまってました。で、見つけたら「ってうおぉぉーーーー!?」って感じの位置で驚きました。みんな、hidakaさんの謙虚さにだまされちゃダメだぜ!w
あんな位置に置かれる記事を書ける。とはさすがhidakaさんといったところか、、、
見つけた後は「すげー」「すげー」とずーっと言ってました。いやほんとすげーとこにあるんだって!必見です。

で、肝心の中身はぱらぱらめくっただけなのですが、電波男とか読破したような人なら全然読めるし、この幅の広さには圧巻。って感じを受けるかと思う。
ただ、最初に言っておくと、ムックという分類にはされてるけど、これ一応「雑誌」なのでね、「マガジン」なのでね。絵がいっぱーいっていうのを期待してる人はちょっと拍子抜けするかもしれないね。

しかし、文字好きなオタクにとってはたまらない構成。これは読み応えたっぷりですぞ。
決して「文字ばっかりかよ、ケッ」って言う(思う)ことがないであろう内容となっておりますんで、買って読むベシ!

ただ、絵とかの視覚的なものを見たい人もいると思います。そんな人には「にじいき」これです。もう既に発売されてます。
こっちの方は大分絵的要素が強いと思うので、軽く楽しめる「はず」です。(読んでないので分からないw)